2005年 10月 28日 ( 1 )

小心翼々

やっとで暇を見つけてこうして書くことができるようになりました。
公営企業なのでひじょうに甘いところも多いのですが、それでもやはり配置転換というのは若干キツイものがあります。
じつに細かーい決まり事が多く、それをアタマに詰め込んで明日に備えねばなりません。

そういうわけで、ここのところあせったり落ち込んだりという体験を波のようにくり返しています。
まあ、これまでの学びの成果がようやく顔を出したようで、回復も早いのでだいじょうぶなのですが。

しかし、現に落ち込んだりテンパってるときには、そんな余裕は吹っ飛んでますね。心配事がアタマの中で増幅する悪循環、もうダメなんじゃないかなどという破滅的な思考、ありありとリアルに感じられます。
ここのところ心理的にけっこう余裕だったので、ひさしぶりにそうした経験をしました。

時間が経って、自分を励ませるようになると、そういうネガティブな心理的経験がまるで幻想のように思われるのですが。まさに自分の心が魔法にでもかかったように、そういう心配に満ちた主観的世界がこの世の真実であるように見えてきてしまいます。

しかしこういうちょっと厳しい状況になってみると、自分が自分の心を適切にコントロールし陶冶していくということを、いかに怠っていたのかに痛く気づかされます。

そのための広く深い方法をこれまで長く学んで来たはずなのに、それをアタマでわかったつもりになって実践を(まったくではないが)おろそかにしてきたツケを、こういうところで痛感させられるというのは、それほど悪いことではないのかもしれません。

それにしても、こういうちょっと雰囲気のギスギスした男所帯に放り込まれると、自分にいかに小心なところがあるか、どうしても眼についてしまします。「小心翼々」という言葉がとてもぴったりです。

こういうところではかなり性格に問題がある人でも、自分のやっていることに確信を持って疑わない人が強い。いやなヤツなのだが、なぜか一目置かれているというのがあって、人間の集まりではそういうことがあるのだなと思わされます。

そういうふうになりたくはないが、しかしやっぱり男と生まれたからには強くありたい。そういう欲求があるからこそ、気弱なところを嫌うということになるのでしょう。

でも長年自分のスタイルになっているある種の気弱さというのは、なかなか抜きがたいものがあるのでしょう。強さと優しさは両立することを期待しつつ、がんばりたいと思わされてしまいます。

まあ、ということは自分を「性格のいい」「やさしい」側に置いて、いやなやつをあっちに見て語っているということですが、そういうことを言い出したらキリがない。
いずれ主観から自由になれるわけではないので、とりあえず自分のちょっと自己愛的な主観を自覚しつつ、しかしそれに対して優しくしてあげたほうがいいのだと思います。

親しい他人に接するように、見ているこの自分が見る対象の自分に対し、やさしく、勇気づけるように接することがつねにできればいいのですが。心理的な自己訓練というのは、まずそこから始まるのではないでしょうか。

それはそうと、こうして書いていると自分のことばかりになると言うのは、おそらく性格の基本的な傾向性である”内向-外向”ということからいえば、まさに顕著な内向性ということになるのでしょう。
例の『完全自殺マニュアル』の歪んだ色眼鏡で見れば、今の世間にうまく乗れない、「イケてない」性格特徴ということになるわけですね。まあ、確かにそういうところもあるが、これはこれで悪くもない。

なにより一人でいてほとんど寂しさを感じないし、集中的な作業に没頭できる。まわりがどう言おうとあまり気にならず適当に合わせていることもできるし、できればずっと本でも読んで生活していたいから金もかからない。

ひたすら外向的であることが、それほどいいことでもないように思われます。そういう人は世間の流れに乗ることができているように見えて、ただただ状況に流されるだけということが多いように見えます。

しかしこれではやはり、バランスが悪い。自覚が内か外かどちらだけ、というのは悪い意味での二分法です。健全で成熟した人格には、どちらの特性も必要になるのだと思います。
そういうわけで、「能動的注意を、外に向けること」が自分のいまの課題です。

ダメなところを「まったくどうしようもない」などと自分の中でぐちゃぐちゃやっていても、多分心理的問題が解決されることはないのだと思われます。

世界の中の、いろいろなしがらみ、言い換えればつながりの中で、生きて生かされている存在として、自分以外の誰か、未来の何かに注意を向けることは、人間の意識の本質にちがいありません。

いろいろで、それに気づかなかったこと、それを怠ってきてしまったことに、否応なく気づかされているこのごろです。そういう意味で、環境の変化というのは、悪いことではけっしてないような気がしてきました。これを乗り越えれば、今よりさらに生きられるようになるに違いないと。

そういう気がほんとうにしてくるのだから、書くということは不思議なものです。

人気blogランキングへ
[PR]
by type1974 | 2005-10-28 19:31 | 落ち込み