2005年 08月 12日 ( 1 )

あ、ぜんぜん違うこと書いちゃった。

久々に映画を見てきた。「亡国のイージス」。いや~、映画ってホントにいいですね、という古いのは置いておいて、ちょっといろいろ感じるところのある映画でした。
まずミリタリー系の好きな人にはたまらない映像の数々! 国家機密のイージス艦の内部が見れるし(でもあれは全部セットなのだとか)、ミサイル発射の緊張感もとってもイイ。艦内生活の細部もリアルで、気合いの入った映画でした!
ただストーリーとか人物描写には、どうも、というかひじょうにすっきりしないものが。やっぱり映画っていうのはテーマとメッセージを語るものだと思うんです。
なにより「日本とは何か」「国を護るとはどういうことか」という問題意識がひじょうに鋭く描かれていながら、それに対する作り手なりの思い・メッセージというのは、ほぼ何も語られていなかった。
だから決起した海自の幹部(士官、とは言わないのですね)の心情がほとんど伝わってこない。なぜ立ち上がったのか、「この国は一回滅びてやり直さなきゃならないんだ」くらいの、ニヒルな厭世観でしかなかったようです。
彼ら幹部は、最新兵器に囲まれていながら、手が震えて拳銃一つ撃てなかったりする。朝鮮民族系の某国(って、二つしかないじゃん)のテロリストの口車に乗って、自国の僚艦を撃沈してしまう。
そうして、寺尾聰演ずる中心人物の副長は、信念と憂国の志がある風のカッコイイところを見せながら、途中で人情にほだされてコロッと「反省するいい人」になってしまう。いったい前半の気合いはどこへ行ってしまったのか? だから急に物語全体の緊張感とリアリティが弛緩してしまう。そういう背骨のないリーダーの役を、風采の上がらない彼はよく表現していたと言うべきだろうか。
いろんな場面でそうなのだけれども、そういう「この国とは何か」というテーマが、結局「いろいろあるけどやっぱり家族が大切なんだよ」「難しいことはいいからとにかく生きろ」的な家族-個人レベルの感情のお話しにすり替わってしまっている。それはヒューマンで涙は誘うけれども、話の焦点がちょっと違うでしょ、という感じにぼかされてしまっている印象。
では、その中心テーマをどう語るべきだったのだろう。うーん、それは難しいぞ。それにいろいろいってみたけど、今の日本で商業ベースに乗せて、かつそのことも語る映画なんて、無理な話だ。しかし娯楽スペクタクルとしても、話の必然性がどんどん軽く「うそくさく」なってしまっているのはいかんともしがたい。
エンディングクレジットを見るとどうも防衛庁・自衛隊の全面協力らしい。話題とPRになりゃなんでもいいのか? それとも皮肉な自己否定をしているつもりなのか?
ようするに「この国が好きなんだよ」って思いがその回答だと思うんですが、それを語るのってむずかしいんですね。この国では、いろんな意味で。
なんか見ていて、国民意識的に、落ち込んできちゃいました。
[PR]
by type1974 | 2005-08-12 03:11 | うつ