『完全自殺マニュアル』完全批判(2)

人気blogランキングへ

 これから何回かにわたって『完全自殺マニュアル』批判を展開していくが、ところで、このような軽いノリでかなりいい加減に書かれた本を、何のために目くじらを立てるかのように批判するのか、ここでその意図を明らかにしておきたい。

 まずその論理の拙劣さにもかかわらず、『マニュアル』のメッセージの影響力と危険性、そしてそのことの責任は、いまだ大きいということである。100万部以上売れているベストセラーであることは知らなかったが、さらに現にネットで検索してみても、『マニュアル』はいまだに売られ多くの信奉者を産み続けているらしいのだ(「何者も信じない」という人間と、それを信奉する多くの人という、いたるところで見かける不思議な構図)。

 危険性と責任に関して同書は、自殺の方法という単に事実的な情報を提供しているにすぎず、社会責任上何ら問題はない、自殺しようが読者の自己責任において「勝手にしてくれ」とうそぶいている。

 もちろん同書の内容は、既存の法令に抵触するものではないらしいし、現に堂々と書店で売られ続けてきたように、残念ながらぼくらの社会の一般的な倫理水準もこれを見過してしまってきている。現在に至るまで『マニュアル』に対しては多くの批判があったらしいが、いずれも「キモチワルイ」「あってはならない」という感情レベルのものであったようだ。

 ここで問うのは道義的責任である。同書が自己責任能力と判断能力の未成熟な中高生を中心とした若年層をターゲットにしていることは明らかである。そして多くの生きる意欲を見失っている精神的に未発達な若者に対して、ごく簡単に「死ねる」方法を提供しているということ、さらに実際それで自殺した人間が多く出たということは、どう言いつくろっても無責任な自殺幇助行為である。

 「単なる情報提供」の裏には、そういう自殺を煽るようなメッセージを真に受ける、生きる自信を見失った若者が多いという計算と、そして実際に死ぬ人間が出るだろうという推測がはたらいていたのは明らかである。目論見どおり、それによって著者も出版社も大いに潤ったわけだ。

 むろんニヒルに居直った著者も売上至上の出版社も、「道義」を問うたところで冷笑するだろう。残念ながらこの日本社会の現在の倫理水準はそれを問うことができていない。しかし道義とは、本来その人自身が気づかない深層の声が問うものである。著者・鶴見氏の生き様は今後そのことを証明していくだろうという意味で注目に値する(というか、現に証明しつつあるようだ)。

 ところで、自殺を当然のものとするそのシニカルで一見特殊に見えるメッセージが、実はこの社会の暗黙の共通感覚を単に暴露し先鋭化させたものにすぎないのは、すでに明らかにしたとおりである。そのような無意味感、脱力感は、とくに若い世代においてすでに行動の基調というか原理となっているものであって、何ら目新しいものではない。

 若年層による、一見不可解な問題行動の激増の背後に、そうした倫理的な「底づき」感があるのは、おそらく異論の生じないところと思われる。この『自殺マニュアル』を批判することは、そのような危うい雰囲気化した常識を問い直し、乗り越えることでもあるのだ。

 『マニュアル』に典型的に現れた思想的混乱は、粗雑な物質科学主義・還元主義と、集団という契機を忘れた個人主義的民主主義を基調にした現行の学校教育を受けて育った人間が、ふつうに突き詰めると最後に必ず到る隘路なのだと思われる。
 そういう学校教育の暗黙のプログラムが敷いたレールを、まっすぐ素直にたどっているという意味で、一見過激に見える著者の姿勢は、実はあまりにもありふれていて陳腐である。

 しかしそのような行きづまりを相対化し超える視点は幸いなことに存在する。それをもとに、古いものは古い、誤っているものは誤っていると、ここではっきりと断言する必要があると思う。

 さらに個人的な怨恨ということがある。かつてそのようなメッセージ(もちろん鶴見氏のものに限らず)を真に受け、「まったりと」脱力して若い日の多くの時間を無駄にし、手元の『マニュアル』でひょっとしたら死んでいたかも知れない自分、そして実際に死んでいった多くの自分に似た者たちがいるということ、さらにそういう錯覚を煽って恬として恥じない人間がいるということに、憤りを感じるのだ。しかしそのことは論旨とはまた別のことである。

 ところで、ここで批判者である自分のコンテクスト・意図を明らかにしておく必要があると思う。何を正しいことと考えるか、それをもとに何をどうしたいのか、というシンプルな問いが共有できていないと、そもそもあらゆる議論は成り立たないからである。

 自分はシンプルに、人が生きることの根本の動機とは、他者と仲良く、社会をよりよく、そして人生を意味深く、ということに尽きると考える者である。一見小難しく聞こえる思想というものは、その現実をあとから説明するために出てくるものであろう。また幸いなことに、そういうシンプルな事実を科学に基づいて思想的に裏付けることができるという時代に、ぼくらはすでに生きている。
 そしてそのことを阻害し退行と絶望に至らしめる、毒を含んだ短絡思考を批判的に見る、というのがここでのコンテクストである。
 これはあまりにナイーブに聞こえるだろうか?

 しかし表層的な価値観に右往左往し、深層から湧き上がってくるものに翻弄されながら、ぼくらが心から求めているのは、自覚できているとできていないとにかかわらず、実はそうした単純な人生の事実であるはずだ。そうでない人がいるのだろうか?

 そして、極端なニヒリズムで身構えた同書の空虚な論調の背後に、じつはそういう隠れたシンプルな願望があきらかにはたらいていることが見て取れるのである。ひじょうに歪んでしまっているために、著者本人も自覚できていないようだが。

 とまれ、「批判のための批判」というよくある不毛な泥沼に陥らないよう、自分の足元に気をつけて進んでいきたいと思う。
[PR]
by type1974 | 2005-09-10 23:46 | うつ
<< 『完全自殺マニュアル』完全批判(3) 『完全自殺マニュアル』完全批判 >>